現在の日本にとって、配送はすでに生活に密着した存在となっています。

宅配便の現状
宅配便の現状
Pagelist
宅配便の現状

宅配便の現状

PAGETITLE
最近は、生活する上で配送は、企業にとっても、個人にとっても欠かせないものになっています。
以前は小荷物を遠隔地に配送する場合は、郵便小包が一般的な方法でしたが、最近は、宅急便を活用する事が多くなっている様です。
宅急便は、昭和49年頃から行われるようになって、便利な事から需要が増え宅配業界は急激に成長をしているようです。
また、最近は、トラック運動業者も宅配業に参入しているので、業者の数が増えており、宅配起業は様々なサービスを提供して集客を行っているようです。
誰でも一度は宅配便を活用していると思われますが、宅配業が成長している理由としては、電話1本で自宅まで集配に来てくれる事やコンビ等が取次店になっているので、遠くまで荷物を運ばなくてもすむ事が大きな理由となっています。
他にも、宅配業者が大規模なターミナルを作って配送期間を短縮して、さらに配達日を明確にできるようにした事等があります。
さらに、インターネットが普及して、ネット通販で買物をする方が増えており、その配送を行う事も大きな成長の理由となっています。
この様に、配送業務が成長を遂げている事から、今までは、貨物の輸送のみを行っていた企業も、宅急便を行う様になり業界内での競争が激化しています。
その競争に生き残る為に、企業は様々なサービスを提供するのは勿論ですが、他にも、取次店の獲得を行ったり、短期間に配送できるように全国的なネットワークを確立して配送のシステム化を行っているようです。
配送業界は、利用者が増えている事から、成長を遂げている業界ですが、普及に伴った問題点も多く抱えているようです。
その問題点というのは、利用者からの苦情が多く寄せられる事です。
苦情で多いのは、不在の場合の措置方法や接客態度が悪いといった事が多いようです。
最近では、冷凍、冷蔵の荷物が、常温の場所に放置されている等の問題がニュースで取り扱われ、大きな社会問題となっています。
これらの問題は、配送量が増えているのに施設の整備が間に合わなかったり、配送員を増やしているので教育が行き届かなくなっている事が原因となっています。